正しい洗顔方法

正しい洗顔方法とは!?

ニキビケアの基本は洗顔ですが、ただいたずらに顔を洗うだけでは、ニキビは改善することは出来ません。
よくある間違えですが、清潔に保とうとして1日に何回も洗顔をしたり、スクラブ剤が入った洗顔料を使う方がいます。
洗顔をすること自体は間違えではありませんが、何回も洗顔をすると肌に必要な潤いが低下してしまいます。
また、スクラブは肌への刺激が強いため、炎症を起こしているニキビをさらに悪化させてしまいます。
このように間違った洗顔方法をしていると、肌の状態が悪化してしまうので、ニキビはいつまでたっても治せません。
だからこそ、ニキビケアの基本である洗顔の正しい方法を知っておくことが重要になるのです。

 

まず洗顔の回数ですが、1日2回、それ以上はしないようにしましょう。
次に、泡立てネットと洗顔料を用意します。
洗顔料は肌に合っていれば何でもいいのですが、出来るだけ無添加のもので、メントールや合成界面活性剤などは使われていないものを選ぶのが理想的です。
泡立てネットと洗顔料を用意したら、ハンドソープで手の雑菌を洗い流し、人肌程度のぬるま湯で顔全体をしっかり濡らします。
この時、手のひらで顔をこすらないように注意してください。

 

そして、泡立てネットに洗顔料を適量取ったら、角がたつぐらいしっかりと弾力のある泡を作ります。
泡を作ったら、それをTゾーン、顎、頬の順に乗せていって、泡をクッションにして小さい円を描くように洗っていきましょう。
この時も、手のひらが直接肌に触れないように、ごしごしこすったりしないようにしてください。
小鼻の周りなど、脂っぽいのが気になる部分は少し念入りに洗いますが、絶対に力を入れないで洗いましょう。

 

洗い終わったら、ぬるま湯で泡や洗浄成分が残らないように、念入りにすすぎます。
泡や洗浄成分が残っていると、ニキビが悪化してしまうので、顔を洗った時間の倍ぐらいかけてすすいでください。
すすぎ終わったら、冷水で開いた毛穴を引き締めて、毛穴に皮脂が詰まるのを防ぎましょう。
最後は、清潔なタオルで優しくぽんぽんと水分を吸収させれば、正しい洗顔の完了です。

 

矢印

ボタン