ニキビ 原因

ニキビの原因

ニキビというのは、簡単に言ってしまうと、毛穴に皮脂汚れや老廃物などが詰まり、そこにアクネ菌などの雑菌が繁殖して炎症を起こすことが原因です。
ただし、毛穴に皮脂汚れや老廃物が詰まる原因はたくさんあります。
ですので、ニキビができる直接的な原因は毛穴の詰まりですが、その詰まりを引き起こす要因がニキビができる原因ともなります。
毛穴の詰まりを引き起こす要因は、大きく分けると4つあります。

 

1つ目の原因は、間違った洗顔やスキンケアによるものです。
適当に洗顔をしていると、毛穴の汚れをしっかり落とすことが出来ません。
スキンケアで肌を刺激すると、それがダメージとなって毛穴の詰まりを引き起こしてしまいます。

 

2つ目の原因は、肌の乾燥によってターンオーバーが正常に機能しなくなることです。
ターンオーバーは新しい肌細胞を作り出し、それを押し上げて、表皮の古い角質を剥がして新しい肌細胞と入れ替えます。
このターンオーバーが行われることで、表皮の健康状態が保たれたり、古い角質によって毛穴が塞がれるのを防ぐのです。
ターンオーバーがきちんと行われないと、表皮の入れ替えができないために、毛穴が塞がれてニキビが出来てしまうのです。
ちなみに、ターンオーバーの機能を乱れさすのは、乾燥だけではなく、睡眠不足や不規則な生活習慣、運動不足なども原因となるため、こういったこともニキビができる要因となります。

 

3つ目の原因は、油分や糖分の摂取過剰です。
食事やお菓子などから油分や糖分を摂りすぎると、毛穴から排出される皮脂の粘りが強くなってしまって、毛穴に詰まりやすくなります。
さらに、油分や糖分は酸化しやすいため、ニキビの元となりやすくなってしまうのです。

 

4つ目の原因はストレスです。
ストレスが溜まると、自律神経が崩れてホルモンバランスを乱してしまいます。
ホルモンバランスが乱れると、新陳代謝が低下して老廃物の排出などがスムーズに行われなくなります。
そのため、毛穴に汚れが詰まってしまってニキビが出来てしまいます。
この4つの原因が、ニキビができる主な原因と言われています。

 

矢印

ボタン